お時間をいただきます

診察結果のご説明を分かりやすく丁寧に行っておりますので、お一人おひとりにお時間をいただいております。
お待ちいただく時間は長くなってしまいますが、どこよりも親切に分かりやすく丁寧なご説明を心がけておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

こんな症状はありませんか? 目の病気について

目の病気について Vol.2「白内障」

目がかすむ、まぶしくなるなどの症状に注意

かすんで見える、まぶしくなる、一時的に近くが見えやすくなる、二重三重に見えるなどの症状があったら、白内障を疑いましょう。白内障は目の中のカメラのレンズと同じ役割をする水晶体が濁ることにより、視力が低下し、上記のような症状が出る病気です。正常な水晶体は透明で、光をよく通しますが、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。

最も多いのは加齢によるもの

白内障の原因のうち、最も多いのが加齢によるもので「加齢性白内障」と呼ばれています。一種の老化現象であり、誰でも年をとるにつれ、水晶体が濁ってきます。50歳代から濁りはじめることも多く、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められるといわれています。そのほか、最近ではアトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症も増えています。目のけがや薬の副作用が原因の場合もあります。

日常生活に支障が出たら、手術を検討しよう

症状が軽く、視力に影響のない場合は、点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせる治療を行います。これは水晶体が濁るスピードを遅くするもので、視力を回復したり、症状を改善するものではありません。もし、視力が低下して仕事に支障がある、運転免許の更新ができない、外ではまぶしくて極端に見えづらいなど、日常生活に支障をきたす場合には、医師と相談して手術を行います。

進歩している手術。日帰り手術が可能な場合も

白内障の手術は主に、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(超音波水晶体乳化吸引術)、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れるという方法で行われています。従来の方法に比べて格段に回復が早くなりました。白内障が進行して、核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出すこともあります(水晶体嚢外摘出術)。
手術の前には目に合う眼内レンズを選ぶため、さまざまな検査を行います。一般的には手術後の管理も含めて3〜4日間ほどの入院が必要な場合がありますが、患者さんの状態によっては日帰り手術も可能です。医師とよく相談しましょう。目の手術というと怖いイメージがあるかもしれませんが、局所麻酔を行い、注射の痛みもありません。なるべくリラックスし、楽に呼吸しながら臨みましょう。手術は10〜15分程度で終わります。

手術後しばらくは点眼と定期検診を

手術直後は、目が充血する、目がゴロゴロする、涙がでる、目がかすむなどの症状が出ることもありますが、これらの症状は、数日から1~2週間で治まります。
手術直後は入浴や洗顔を1週間ぐらい避ける、目を押したりこすったりしない、転んだりぶつけたりしない、ということに気をつけましょう。手術後1~3ヵ月は、手術で起きた炎症を抑え、感染を防ぐために、医師の指示どおりに点眼薬を使用し、しばらくの間は、定期検診を受ける必要があります。
手術の翌日から、疲れない程度に目を使ってもかまいません。術後の見え方で、色調の違和感やまぶしさを感じることがあります。色調の違和感は次第に慣れていきますが、まぶしさが続くようであれば、症状を緩和させるために色つきの眼鏡の使用をおすすめします。仕事への復帰は早い時期にできますが、患者さんの状態や仕事の種類などによって違ってくるので、医師に相談してください。
眼内レンズには、ピントを合わせる調節力がないので、眼鏡が必要になります。通常は遠くが見やすくなる方は手元のメガネ、手元が見える方は遠くのメガネが必要となります。最近では、多焦点眼内レンズ(遠近両方見える眼内レンズ、ただし保険適用外)も普及しつつあります。視力が回復し安定してくる手術後3ヵ月頃に、自分の視力に合った眼鏡をつくります。

サクマ眼科クリニックの院長の佐久間は聖路加国際病院で毎週木曜日に白内障の手術を行っています。日常的、軽微な診療・治療はサクマ眼科クリニックで、高度な手術は聖路加国際病院でと緊密な連携をとって白内障の診療、手術を行っていますので、おかしいと思ったら早めに診察を受けにいらしてください。

参考:参天製薬HP

 

 

 

 

 

サクマ眼科クリニックへのアクセス

東京都中央区勝どき1-3-1 アパートメンツタワー勝どき 3階

診療時間:午前:9:15-13:00 / 午後:14:30-18:15
休診日:木曜日午前・土曜日午後・日曜日・祝祭日

TEL:03-5560-9560(予約制ではありません)

・都営大江戸線「勝どき」駅徒歩1分
・都営バス「勝どき橋南詰」すぐ
・都営バス「勝どき駅前」徒歩2分