お時間をいただきます

診察結果のご説明を分かりやすく丁寧に行っておりますので、お一人おひとりにお時間をいただいております。
お待ちいただく時間は長くなってしまいますが、どこよりも親切に分かりやすく丁寧なご説明を心がけておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

こんな症状はありませんか? 目の病気について

目の病気について Vol.10「加齢黄斑変性症」

加齢黄斑変性症とは

黄斑の加齢に伴う変化によっておこり、視力や視野が低下する病気です。高齢者の失明原因のひとつにあげられます。黄斑は、ものを見るための重要な役割を担い、カメラのフィルムにたとえられる網膜のなかで最も重要な、ものを見る中心となる部分です。視力に関わりが深く、色を識別する細胞のほとんどはこの部分にあります。加齢黄斑変性症には「滲出型(しんしゅつがた)」と「萎縮型」2つのタイプがあります。「滲出型」は健康な状態では存在しない新生血管と呼ばれる異常な血管が、黄斑部の脈絡膜(網膜より外側に位置し、血管が豊富な膜)から発生し、網膜側に伸びてくるタイプです(図1)。新生血管の血管壁は大変もろいために、血液が黄斑組織内に漏れ出し、黄斑機能を障害します。急激な視力低下や中心暗点を自覚することが多く、病状が進行すると視力が失われる可能性があります。「萎縮型」は黄斑の組織が加齢とともに萎縮してくるタイプです(図2)。病状の進行は緩やかで、視力はあまり悪くなりません。しかし、新生血管が発生することもあるので、定期的に検査を行い、経過をみる必要があります。

 

滲出型(図1)萎縮型(図2)

加齢黄斑変性症の症状

網膜の中心部が悪くなるので、視野の中心の、もっともよく見ようとするところが見えにくくなります。症状としては、ものが歪んで見える変視症、見ているものの中心が欠けて見えない中心暗点、見たいものがはっきり見えない視力低下があります。原因としては黄斑の加齢による老化が主な原因と考えられています。また、高血圧や心臓病、喫煙、栄養状態、遺伝などの関与も報告されていますが、原因、病態は完全には解明されておらず、現在もさまざまな研究がなされています。

検査と治療の方法

眼底にある網膜の状態をくわしく調べる「眼底検査」(図3、図4)や、網膜の断層を調べる光干渉断層(OCT)検査により早期発見ができます(図5、図6)。また、腕の静脈に蛍光色素を注射してから眼底を調べる「蛍光眼底検査」を行います。治療法としては、光に反応する薬剤を体内に注射し、それが新生血管に到達したときにレーザーを照射する「光線力学的療法」、新生血管をレーザー光で焼き固める「レーザー光凝固術」、新生血管を外科的に取り去る「新生血管抜去術」、中心窩の網膜を新生血管から離れた場所に移動させることにより、中心窩の働きを改善する「黄斑移動術」、弱いレーザーを新生血管に照射し、軽度の温度上昇により、新生血管の活動性を低下させる「経瞳孔温熱療法」、ステロイド剤や血管新生阻害剤などの投与を行う「薬物療法」があります。

 

正常な眼底(図3)眼底異常(図4)

 

正常なOCT画像(図5)異常のあるOCT画像(図6)

早期治療が大切

早期に治療を開始すると、良好な視力が保たれる傾向にあります。放置すると出血がひどくなり(図7)失明状態になる危険もありますので、定期的に目の検査を行うことが大切です。加齢黄斑変性症と診断された4割程度の人は、経過とともに両眼に発症するといわれています。よい方の眼も定期的な検査が必要です。亜鉛の血中濃度の低下と加齢黄斑変性症の関連や、カロチノイドの摂取量が少ないと発症しやすいという研究報告もあります。亜鉛が含まれている食品(穀類、貝類、根菜類など)やカロチノイドを多く含む緑黄色野菜をとるようにしましょう。

サクマ眼科クリニックでは、加齢黄斑変性症の検査・診療を行っています。定期的に検診を受けにいらしてください。

出血した眼底(図7)


 

サクマ眼科クリニックへのアクセス

東京都中央区勝どき1-3-1 アパートメンツタワー勝どき 3階

診療時間:午前:9:15-13:00 / 午後:14:30-18:15
休診日:木曜日午前・土曜日午後・日曜日・祝祭日

TEL:03-5560-9560(予約制ではありません)

・都営大江戸線「勝どき」駅徒歩1分
・都営バス「勝どき橋南詰」すぐ
・都営バス「勝どき駅前」徒歩2分